ほとんどのラスベガスのカジノでは正式なドレスコードはありませんが、特に夕方以降はきちんとした服装をすることをお勧めします。男性は襟付きのジャケット、カーキ、または良質なズボン。女性はスカートまたはスラックスとトップス。ラスベガスのカジノでは、ビーチサンダルや、破れや裂けたデザインの服、Tシャツは歓迎されません。

カジノを訪問する人の一般的なドレスコードは?

ラスベガスは夜も昼も楽しい機会を提供してくれます。ラスベガスで一日を過ごすことにした場合、そんな機会それぞれに向いた服装ができるように準備していきましょう。以下では、カジノに行く際に可能性のある服装をご紹介します。

カジノでの服装

午前中にカジノに行く予定なら、ジーンズやTシャツのズボン、襟付きのトップスなど、楽な格好をしても大丈夫です。しかし、午後の時間帯はよりフォーマルな服装が良いでしょう。各カジノにドレスコードがあるわけではないのですが、夕方以降の時間帯にジーンズとビーチサンダルを履いて行くのは通常あり得ません。もちろん、ゲームゾーンでこのような服装は一切着用しないということもあります。ここでは、高級なカジノを念頭に置いています。ブルートゥースのイヤホンや人格を分かりにくくするようなものを使うと、詐欺を疑われます。カジノは、常に詐欺師に反対しています。男性は、つま先の閉じた靴、襟付きのトップス、スラックスやスーツなどの服装をする必要があります。

カーキのズボン

ジーンズはカジュアルウェアに分類されることがよくあります。そういうことが起こらないようにする戦略として、カーキはぴったりです。色合いが良くないと思っていたり、自分の肌色と合わない可能性があるというような場合、青やグレーを検討してみるのがいいでしょう。柄物やごてごてした服と組み合わせないほうがいいでしょう。

昼間は暑いので、ずっと短パンを着ていたくなるかもしれませんが、午後6時以降に着用する際は注意が必要です。

ボタンダウンの定番シャツ

文字通りルーチンになるシャツと言えば、間違いなく襟付きの白シャツです。ゴージャスすぎるプリントや、大きな帽子、ビデオなどは避けましょう。袖の長さはだいたい選べますが、長袖が標準になります。およそカジノ文化においては、半袖シャツは労働者が着るものだと思われているので、長袖シャツが観光客にとっては最良の選択である場合が多いのです。ポイント:高級なカジノやレーンほど、長袖が必要でしょう。

カクテルドレス

お酒を飲む場合などに着るカクテルドレスは、基本的には露出度が低めになります。肌の露出が多いと眉をひそめるようなカジノもあります。ドレス丈は長めにしておくべきだということです。黒が基本だということは皆知っていますし、暗めの色のドレスは不滅の定番です。古典的な服装からちょっと差別化するのが好きなら、トレンディで周りの環境に合う他の色を試してみるといいでしょう。